レジンをやってみようと思った理由

昨年の夏頃の話になりますが、レジンというものに手を出しました。
オルゴナイトを作りたかったんです。小さな球体のオルゴナイトを作り、マクラメ編みでブレスレットなどにしてみようかなって思ったんです。

レジンで作ったビーズ
とりあえずお試しの為100均で材料を揃えてチャレンジしたレジンのビーズ

ちなみにオルゴナイトとは、有機物(樹脂=レジン)と無機物(水晶・金属屑)を合わせる事により、ポジティブエネルギーが発生するという、スピリチュアル要素満載な代物。
オーストリア出身の精神分析家であるヴィルヘルム・ライヒ博士が発見したオルゴンエネルギーが、その後の研究等により形を変えたものだそうで、水晶に銅線を巻きつけてレジンに封入すると、レジンが固まる際にかかる圧力により生じる電圧(ピエゾ効果)で、オルゴンエネルギーが絶えず放出される、というもの。

……だったんですが……。

この時、まだ知識としてとてもおぼろげなものしか持っていなかったので、きちんと調べてみたところ、な・なんと!?「全く効果無し」という見解が少なからずありました!!!

これで一気にオルゴナイト熱が冷めてしまった私です。
科学的根拠という点についてはたいして問題ではなかったんですが、発案者であるヴィルヘルム・ライヒ博士がオルゴン装置というものを作ろうとしたきっかけ辺りが、私には受け入れられませんでした。(詳細はWikipedia参照)

レジンのマクラメルース包み
マクラメのフレーム包みまで初挑戦してみたのに!

でも、レジン自体は何やら面白そうです。工夫次第で面白いものが作れそうな予感。
オルゴナイトの件ではガッカリというか残念でしたが、制作する際の制限(同線と金属屑が必須等)が無くなった為、逆に自由に作品作りが出来るようになった、という事でもあります。
思い通りに作れるようになるまで時間はかかりそうですが、せっかくやり掛けたレジンを、このまま放置するのは勿体ない気がしてきました。

野望としては、やっぱりマクラメと組み合わせたいなって思っています。
気に入った原石を思い通りにカットして研磨して、という作業は私には無理だな、と諦めていたんですが、レジンなら出来そう。いや、レジンで天然石のそっくりさんを作るという意味ではありません。アートなレジン作品を、天然石の代わりにマクラメで包んでみたいな、と。

よし、これを今年の目標にしよう!

もの作りマクラメ編み, レジン

Posted by ranmo