マクラメ編みを始めたきっかけ

随分と前の事、パワーストーンというものに興味を持ち、何種類か石を買いました。
ラピスラズリの勾玉(かなり高額だった気がする)に、シトリンの指輪、石の種類は忘れてしまったけれど、とても細身の数珠ブレスを2連で付けてました。そのブレスがある日突然、糸が切れてばらばらになってからは、パワーストーンから遠ざかるようになったんです。

それから何年も長い間、ずっと忘れてました。
時々、旅行先で天然石のお店を見つけると、何かしら買ったりはしてましたが、ブレスレットなどを身に着けるという事はもうしなくなってました。

それがなぜ最近になって再びパワーストーンというものに興味を持ち始めたのかというと、引越し先の近くにアナヒータストーンズがあったからなんです。
ブレスレットは元々好きで、アメリカ旅行の際にいくつも買ったインディアンジュエリーを常に身に付けているほど。でも、パワーストーンって、数珠みたいじゃないですか。なんとなくお洒落じゃないなって。

浄化セットに乗せたマクラメブレスレット

実は、編みブレスという存在を知らなかったんですよね。
アナヒータでその存在を知った時、これなら結構お洒落よね!と、そこから再び私の興味が高まったのでした。更に言うと、知ってる人から見たら「あほか!」って言われそうなんですが、この編みブレス、アナヒータオリジナルのもので、紐も他では売ってないんだと思ってた私です。(汗)
こういうブレスの編み方ってマクラメ編みと言って、紐も特別なものではなくて普通に売られてる(手芸店で気軽にお目にかかれるものではありませんでしたが)ワックスコードとか蝋びき紐とかマイクロマクラメコードとか言われてるものだと知りました。
自分でも作れるのでは?とは思ったものの、何やら難しそうでいまひとつ手が出せず。

そんな時、貴石工房パックさんが無料で配布しているマクラメ編みのレシピに出会ったのです。
シンプルなストラップとブレスレットのレシピでした。とりあえずやってみよう!と、まずは入門編のストラップをレシピを見ながら作ってみたら、それまで複雑怪奇に見えた編み方が、それ程でも無い様に思えてきたから不思議!(笑)こう言うと大げさなんですが、簡単ながらも一応一つの作品を作り上げたという事が、大きな自信につながったようです。

そうして更に独自に学びながらいくつかのブレスレットを作り上げていたら、ちょっと売ってみようかなぁ……などという思いが沸々と湧いてきまして。
以前から、ハンドメイド作品を売る事の出来るサイト(minne等)があるというのは知ってましたが、自分で作ったものを売るなんて真剣に考えた事がなかったし、他人のハンドメイド作品を買おうと思った事も無かったのでろくに見た事なかったんですが、いつの日かそういう場所で販売できるまでこぎつけたらいいなぁ、と思うようになりました。
『売る』って、ものすごく大変な事だと思うんですが、更には「売れました!」というご報告が出来たら嬉しいですね!

もの作りマクラメ編み

Posted by ranmo