腕輪念珠風マクラメブレスレットを作ってみた

2019年2月20日

約一年ほど前に作成した腕輪念珠風のマクラメブレスレットを、この度パワーアップさせて作り直してみました。前回の記事はそのままに、今回作成したブレスレットに関する内容を書き足しています。

2019年2月に作成したブレスレット

最近、腕輪念珠に軽くはまってます。
この間は、ちゃんと菩提樹を使って珠の数もきちんと理由のある数にして、自分的には結構本格的じゃん?という腕輪念珠を作ったのですが、今回はおしゃれ感アップさせた腕輪念珠です。

マクラメ数珠ブレスレット

今回も、主珠の数を108(煩悩の数)の1/6である18個で作っています。加えて、冬場の静電気を軽減してもらおうとトルマリンを使用し、ボサ珠感を表すのに勾玉を使ってみました。
念珠(仏教)なのに、なぜ勾玉?という感じではありますが、その辺は気にしない事にしました!どうせ正式なものじゃないですしね~。

留め部に初めてマグネット式のものを使ったんですが、これがかなり便利でした。着脱が楽なのはもちろん、思った以上にマグネットが強力なので、どこかにぶつかったり引っかかったりして外れてしまう、という心配はまずないかな?と。
今後はこのタイプで作るのもいいなぁ~って思いました。

ちなみに肝心の静電気抑制効果は、残念ながらそれ程ありませんでした!(笑)
4mmという小さい石を使ったせいか数が少ないせいか……。いつか、大きな石で別のタイプのブレスレットを作って試してみようと思います。

2020年(約一年後)に作り直したブレスレット

腕輪念珠風マクラメブレスレット【改良版】

前回作成したブレスレットが、ほとんど静電気抑制効果なしだった為、その辺をパワーアップさせてみたいな、と思って再作成開始です。

まず、石の数を倍に増やしました。
実は、本当にトルマリンに静電気を抑制する効果があるのかどうか分からないんですけどね。一般的にそのように言われているみたいですが、疑わしい部分も多々あるような感じです。

その為、制電糸を加えてみました。
こちらは効果があるはずです。その為の糸だしね。ただ、ミシン糸なのでとても細く、この糸のみで編むのはちょっと大変だった為、ワックスコード1本に対して制電糸を2本取りで加えて編んだので、制電糸の量が非常に少なく、この量でどこまで効果が見込めるか?というのが問題だけれど。

ちなみに、石を倍に増やした事により、デザインも変えました。
石の数を倍にすると言っても、単純に増やすと長さも倍になってしまうので二重にする事にし、ボリュームが増えた分中心に据えた勾玉も倍にして存在感を出しました。
ちょこっと変更しただけのつもりだったけれど、出来上がってみたら去年のものとはだいぶ違ったイメージとなり、腕輪念珠感もなくなってしまいましたが、結果的には勾玉の形も良く見えるようになり、華やかになった感じがします。

問題はさっきも言ったように、静電気抑制効果がどの程度あるか、ですね……。
それが無かったとしても、トルマリンは健康効果の高いパワーストーンのようなので、一昨年から健康面で問題を抱えつつある自分にとって、今一番必要な石なのかもしれません。それだけでも付けている意味はあると思っています。(いつものように、ただの自己満足です!)

ついでに言うと、今回は前回に引き続き勾玉を親玉として使用しましたが、いつかは般若心経が彫られた玉を使用してみたいなあ、って思っています。以前ネットで見かけた時から気になっていたんですよね。
このトルマリンを使用したブレスレットではなく、更に前に菩提樹で作った腕輪念珠に使った方がいいのか、現在悩み中。

2019年2月20日もの作りマクラメ編み, 神社仏閣

Posted by ranmo