手帳の使い方変遷 ようやく見つけた自分スタイル

ジブン手帳

よく、「手帳が続かない」という話を聞きますが、昔の私もその一人でした。
その理由は次の2つ。手帳って手帳ってスケジュールを管理する為のツールだと思い込んでいた事、そして、目的を持たずにただ手帳を書こうとしていた事です。

手帳には大きく分けて「計画型」と「記録型」があるのだそう。

「記録型」という概念の無かった私は、ただひたすらスケジューリングしようと、何度となく手帳にチャレンジ。しかし、スケジュール管理をほとんど必要としない生活を送っている私には、使いこなせるはずもなかったのです。何度も何度も挫折してしまうのは、当然の結果でした。
転機となったのは2014年。その年の春に人生の中でかなり大きな出来事があり、それらを記録として残しておきたいという思いから、手帳にその出来事を綴り始めたのがきっかけです。この時、手帳ってログを残す事に使ってもいいんだ、と気づいたと同時に、手帳を書く目的が出来たのでした。
それからはずーっと記録帳として活躍しています。しばらくして『やる事・やるべき事』の、いわゆるタスクをバレットジャーナル風に書くようにはなりましたが、予定管理の機能は全くありません。そして恐らく他の人と変わってるな~というのが、マンスリーを出納帳として使っている事です。本当に書くほどの予定というものがないので、マンスリーを活用する機会がなく、出納帳として使ってみたらピッタリはまった、という感じでしょうか。

そんな私の手帳変遷を、軽くご紹介します。

2014年~2015年 ノート利用の手作り手帳
A6ノートにシールのマンスリーを貼り付けて、その後に不適的に日記を書いていました。

2016年~2017年 ほぼ日オリジナル
日記の量が多くなったので、ほぼ日オリジナルにチャレンジ。2017年9月に出会った『CHITTA式 未来を予約する手帳術』にかなり影響を受けて、10月からは(ほぼ日のメモ帳に手書きで作成した)バーチカルを取り入れました。

2018年 ほぼ日オリジナル +ほぼ日の週間手帳
昨年に引き続き、ほぼ日オリジナル にバーチカルを足したスタイル。

2018年5月~ ジブン手帳mini
バーチカルに心酔した事から、かなりもったいなかったけれど2018年度のほぼ日は半年も使わずして、新たにジブン手帳を使い始めました。
当初はIDEAを併用して、そこに日記を書いていましたが、やがて書く内容もほとんどなくなってきた為、2020年の後半からはジブン手帳1本です。また、最初は通常のものを使ってましたが、トモエリバーではなくなった2021年からBizに変更。落ち着いた色合いとMIO PAPERがなかなか良いです。

このように紆余曲折を経て、ほぼ確立されたと思われる私の手帳スタイルは以下の通り。

使用している手帳は『ジブン手帳 Biz mini』

最初の頃(2014年~2015年)は、マンスリーだけ用意して、そこにイベントを書き込み、あとは書きたい(記録したい)事がある日だけ、別ページに日記形式で書くというスタイルでした。マンスリーに日記を合体させた感じでしょうか。
やがて日記の内容が多くなってきたので、1日1ページでたっぷり書けるほぼ日手帳へ移行。その頃から、予定のようなものを書き込むようになったんです。ほぼ日の1日のページって、左側に簡単な時間軸があり、真ん中より少し左寄りに引かれた縦線でページが区切られているので、そこから左側に、予定というか、その日にやりたい事ややるべき事を書き、右側を日記として使っていました。

その後、『CHITTA式 未来を予約する手帳術』に出会ってバーチカルに目覚めた事と、日記として書く内容が激減した事、バレットジャーナルにも興味を持った事をきっかけに、ジブン手帳へ乗り換え、現在に至っています。

バーチカルを気に入った最大の点は、自分が何にどれだけの時間を使っているかが、一目で分かるところでしょうか。
私の場合、睡眠時間を特別に色付きで書き込んでいるので、寝不足の日がすぐに分かります(笑)その他、この日は遊び過ぎたなとか、無駄に過ごしてしまったな、色々と充実してたな、等々。

マンスリーは出納帳として使用

かつては普通に予定を書き込んでいましたが、何度も言うように予定なんて書けるものがほとんど無いんです。
そこで予定を書くのをすっぱり諦め、他に何か利用できるものが無いかな?と考えた時に思い立ったのが、ゼンタングルでした。でもそれも2か月もしないうちに飽きてしまい、ふとした思い付きで出納帳として使ってみたところ、これが私にはしっくりくる使い方だったんです。

マンスリーにゼンタングル

家族の家計を預かっている身ではないので、そこまで細かな仕訳が必要ではありません。ざっくりとした分け方で管理できるからこそ、マンスリーで事足りているとも言えます。
使っているペンが4色+シャープなので、仕訳は食費・日用品・趣味他・医療費の4種類のみ。それぞれに設定した色で日々使った内容を記載ししています。

バレットジャーナル的要素も若干取り入れている

スケジュールは書かない事で始めた手帳でしたが、ほぼ日に変えた頃から『やる事・やるべき事』を少しだけ記入するようになりました。
この『やる事・やるべき事』って、身近で日常的な内容は書くべきではないと思っていたので、最初の頃は書けなかったんですよね。例えば、『取引先との打ち合わせ』というような類のものではないといけないと、勝手に思い込んでいたわけです。
そうではないと気づかせてくれたのが、『CHITTA式 未来を予約する手帳術』でした。手帳に書く内容って、こんなにも些細な事でいいんだ!何でも書いていいんだ!と。(そういう事をメインで伝える本ではなかったのですが、私が手帳に関する本を読んだのがこれが初めてだったので、そちらの方に感銘してしまった私です)

同じ頃、バレットジャーナルというものを知りまして、記入の仕方はそちらを真似させてもらいました。
タスク(やる事・やるべき事)の頭の記号は『・』、終わった場合に『〇』を、未来へ持ち越した場合は矢印で表現しています。バレットジャーナル本来の書き方だと、終わった内容には『×』を付けるんですけど、私としては『駄目』という意味を連想してしっくりこなかったので、『〇』に変更しました。繰り越した内容につけるマーク『>、<』も分かりづらかったので矢印に変更しています。

一切デコらない、でも文字は4色使う

最初の頃は、それまで挫折を繰り返した事もあって、手帳を書く際にはなるべく気分を上げていこうと、マステやシールをぺたぺた貼っていたんです。
でも長続きしませんでした。面倒なんですよね、デコるのが。シールでの装飾をやめた後も、ポイント的に吹き出し等のマステシールをしばらく使ってましたが、やはりこれも面倒になってやめてしまいました。吹き出しや囲いなんて、サクッと手書きで書けばいいだけじゃないって思ってしまったのです。その手書きはもちろんフリーハンド。線を引くときも定規は使いません。よれっとした線でもOKです。
そう言えば、過去の手帳を見返してみたら、簡単なイラストマークも使っていました。歯医者へ行く日には歯のマークを書いたりと。それもいつの間にか書かなくなってました。やはり面倒だったのでしょう(笑)
とにかく、記録する事だけに重点を置くというのが、私のスタイルとなりました。

ただ、文字には4色使っています。
青=仕事関係、茶色=プライベート、緑=いい事や感動した事、赤=重要事項や事件など、という具合。
この色分けの仕方も、フリクションはやめてスタイルフィットに変えたのも、『CHITTA式 未来を予約する手帳術』の影響です。(本では使う色は3色まで、と書かれていましたが、私は逆らって4色使っています)


こういう感じで、今もなお手帳を日々書き続けています。
もちろん書かない日も中にはありますが、それなりの理由(体調が悪い、忙しすぎた、他の事に没頭してた等)があっての事なので、むしろ後から見返した時に「この頃は手帳どころじゃない生活してたんだな~」と振り返る事が出来る為、それはそれでいいと思っています。
また、何にでもいえる事だと思うのですが、誰かの真似ではなく、自分独自のスタイルを見つけられるかどうか=続けられるかどうか、ではないでしょうか。

出来れば今後、夢を見つけ実現できるところまで至ったらいいなぁ、とは思っているのですが、はてさて……。

タイトルとURLをコピーしました