2020年度の手帳をご紹介

2020年度の手帳

まだ2019年が終わっていないのですが、来年もバーチカルタイプのジブン手帳を使う事にした為、明日から(つまり新年の始まる週の1日目から)新しい手帳へ切り替える事にしたので、この機会に来年度の手帳をご紹介しようと思います。

2020年度の使い方

早いもので3冊目となったジブン手帳ですが、基本的な部分は昨年と変わりありません。
仕事もプライベートも、いちいち記入して管理しなければならないほど多くの予定はないので、予定は年間スケジュールに簡単に書くだけで事足りてしまいます。その為、普通は予定を書き込むであろうマンスリーを家計簿として使用し、一緒に挟んでいるIDEAに、記録したい日のみ日記等を書いています。
ジブン手帳には見た映画や読んだ本などを始め、様々なリストを記入できるページが設けられていますが、それらは全く使っていません。正直言うと、無駄なので削除してほしいくらいです。唯一、2020年度からプロミスリストを夢(やりたい事とかわくわく)リストに改造して使う予定。(既に改造済み)

その他のちょっとした改造点は、毎回行っている事なんですが、しおり紐をぶった切っている事です!あれも私としては要りません。紐を引っ張ってページを開くのが面倒なので、インデックス(今までは厚手のふせんタイプ、今回からは金属製のインデックスクリップ)を使っています。それに貧弱な紐なので、使っているうちにボロボロになりそう。
もう一つ必要ないものが、皆さんの要望によりカバーに追加されたペンホルダーでしょうか。私はペンホルダーも兼ねたベルトシールを愛用しているので、申し訳ないですが必要ないんですよね。

インデックスクリップ
インデックスクリップを実装した様子
しおり紐カット
しおり紐をカットした様子

手帳で愛用している文房具

ベルトシール

ペンホルダーにもなって、手帳が開かないように閉じておく事も出来る優れもの。(だと私は思っている!)手帳バンドよりベルトタイプの方が簡単にワンタッチで外せる(と思う)し、手帳に付いたままなのでなくす心配もない。中でも、パッと外せるマグネットタイプがお気に入り。 ほぼ日を使っていた頃から既に愛用していました。
唯一の難点は、カバーを新しくしたらベルトシールも新しくしなければならないという点でしょうか。でも、カバーを替える頃にはベルトシールも替え時かと思うので、マイナス要因ではないです。

インデックスクリップ

2020年度から使うようになった新商品!既に使い始めているのだけれど、これが既にお気に入り!今まで使っていた厚手のふせんは、どうしても貼替するとのりが残ってしまうのが不満だったのだけれど、これは一切なし!飛び出す部分もわずかで使い勝手良いです。

ダイソーの吹き出し型マステシール

貼り付ける文房具は、結局これしか今は使ってません。自作の日付シートも、とうとう使わなくなってしまいました。今は手書きです。

ダイソーのマステシール

2020年のジブン手帳

通常タイプで使用している紙が、トモエリバーから THIN PAPERに変わった訳ですが、それによって若干手帳の厚みが増しました。今までは手帳の薄さから通常タイプを選択してたんですけど、次はBizも視野に入れてもいいかな~?なんて考えてます。デザイン的にはBizの方が好みなんですよ。ただ厚みがね~。
使用フォントも変わりましたが、私はこちらの方が断然好みです!むしろ、今までのは好きではありませんでした。小さくて見にくくなったという意見もあるようですが、私としては変えてくれてありがとう!という感じです。

この、変わったジブン手帳に明日からいよいよ書き込むことができると思うと、とてもワクワクしています!これからまた1年間、どうぞよろしくお願いします、私の相棒(笑)

暮らし手帳, 文房具, ジブン手帳

Posted by ranmo