中原街道にがぜん興味が湧いてきた

私は基本テレビを見ない人ですが、『ブラタモリ』と『チコちゃんに叱られる!』だけは毎回ほぼ欠かさず見ています。(どちらもNHKという……)
昨日の『ブラタモリ』は武蔵小杉だったのですが、かつて弟がしばらく住んでいた町で私も何度か訪れた事があり、少し懐かしむような感じで見ていたら、衝撃の事実を知りました!

中原街道とは、江戸と平塚の中原を結ぶ道だと。

無知な私はそれまで、川崎の中原の事だと思っておりました。いやはやビックリ……。
ところで、平塚は私が長年住んだ場所です。数年前に引っ越してしまいましたが、今でも心は平塚民だったりします。(決して、平塚が住みやすいいい場所だという意味ではありませんが)
平塚に中原という地名がある事はもちろん、中原御殿という家康所縁の地があり、よく鷹狩りに訪れていたという話は知っていましたが、まさか中原街道の中原が平塚の中原の事を指しているとは、露にも思っていなかったのです。

中原街道(なかはらかいどう)は、相模国(神奈川県)平塚と武蔵国江戸(東京)とを結ぶ街道で、多摩川を丸子で渡る。成立は古代に遡り、東海道の一部としても機能していた。
出典:Wikipedia

そう言えば数年前、平塚博物館で行われていた特別展『ひらつかの家康伝説』を見に行ったなぁ、と、ふと思い出しました。

ひらつかの家康伝説パンフレット

その際に冊子を900円で購入し、平塚観光マップをもらい、いつか回ってみようと思いつつも、その後すぐに引っ越す事になってしまい、すっかりそんな事は忘れていました。
改めてその本と地図を眺め、今、ひらつかの歴史を探索してみたい!という思いに駆られています。

平塚マップ

近々、遅くとも今年中には気になる場所を片っ端から回り、ここでご報告出来たらいいな、と思っています。

暮らし日本, 歴史探訪

Posted by ranmo